給与計算できる人を尊敬

「給与計算は苦手。」そんな人も少なくないはずです。扶養控除や住宅手当、保険の控除、年末調整の時期になると色んなややこしい計算が増えてきそうで、経理や総務にいて、常から成れていない人間でなければ、さっぱり処理の方法がわからない。そんな人も少なくないはずです。

また、扶養控除内でパートやアルバイトをしようと考えている主婦にとって、103万の壁や120万の壁とは一体何なのかもさっぱりわからない。けど、とりあえず超えないようにしなくちゃいけないんだろうかと悩む人は少なくないはずです。
そんな時、給与計算の処理を常々おこなっている人に聞けば、だいたい懇切丁寧に教えてくれることが多く、まったくわからない人間からすれば、まるで神様の様に感じてしまうのではないでしょうか。

大変なことも多いけれど、(会社が世の中にある限り)需要がそこそこあり、ちょっと尊敬される給与計算のできる人。
ちょっとすごいと思いませんか。

話を戻して給与計算に関する資格についてですが、「文部科学省認定 給与計算士検定」は給与がどのように計算され、控除などがどのように行われているのか、知識を広げるために設けられている検定です。
また、「給与計算実務能力検定(2級・1級)」は更新のある再就職や復職に役立つ、実務検定です。
企業に就職し、総務や経理の仕事をしたいと考えているのなら、給与に関わる資格は役立つものかもしれませんね。

給与計算の迷える森 TOP  給与計算に関わる資格   給与計算できる人を尊敬

Copyright (C) 給与計算の迷える森